レーザー脱毛の痛みはどれくらい?痛いって聞くけどホント?

試してみたいけど・・・

レーザー脱毛の効果の高さが広まるにつれて、
クリニックでのレーザー脱毛を試してみたいと考える人が増えています。

 

痛い

しかし、効果が高いのが分かっていても、実際に施術を受けた時の痛みに関することが気になって、

二の足を踏む人が多いのも事実です。
そこで、レーザー脱毛を行った際の痛みについてまとめていきます!

 

レーザー脱毛で痛みが生じる理由とは?

クリニックによっては、「痛みはほとんど生じない」と全面に出しているところもあります。
しかし、実際のところは少なからず痛みや刺激を生じるものです。

 

これは、レーザー脱毛による脱毛のメカニズムによる理由です。
照射されるレーザーは、黒いところに反応する性質があります。
そのレーザーが毛乳頭や毛包幹細胞を破壊することによって脱毛効果を得ます

 

そのため、毛包幹細胞を破壊する過程において、痛みを感じます。
レーザー脱毛を受ける際に、「痛みを感じるほど効果がある」と言われるのは、このような理由によります。

 

レーザー脱毛における痛みの実際のところは?

輪ゴム

よく色々なところで言われるのは、「輪ゴムでパチンと弾くような痛み」という表現です。
これがどのような痛みなのかという点については、痛みの感じ方にも個人差があるので、表現が難しいところです。

 

人によっては、「太いゴムで強く弾かれた」ように感じるかもしれませんし、
「普通の輪ゴム程度のゴムで軽く弾かれた」ように感じた人もいるかもしれません。

 

一般的には、産毛程度のそんなに毛が濃くない部分であれば、さほど痛みを感じないものの、
ワキやVIOなどの毛が太い部分は、かなり痛みを伴うようで、
毛抜きで鼻毛を抜く」時のような痛みを感じる人が意外と多いようです。

 

その一方で、「ワキ・VIO以外は、痛くない」
もしくは、「ワキより脚や手など皮膚が薄いところの方が痛い」と感じる人もいます。

 

このように、痛みの感じ方に関しては個人差があるものの、
何度か通って脱毛が進んでくると、少しずつ痛みを感じなくなるという口コミも多くあります。

 

 

いかがでしたか?
レーザー脱毛はどうしても痛みはついてきてしまうものなのでしょうがないですね。

 

注射

ですが、痛いときには正直に痛いことを伝えると、

出力を下げてもらえます
もしくは、別料金がかかってしまう可能性もありますが、麻酔を使ってくれるクリニックもあるので、
施術中に伝えるのも手です!